アルカリ洗浄液の使いどころ

洗浄液と一言で言っても、酸性のものもあれば中性やアルカリ性のものもあります。そのため、その各洗剤の性質や使い方、注意点などを理解したうえで上手に使い分ける必要があります。このうちアルカリ洗浄液は、酸性や中性の洗浄液ではなかなか落とせない酸性の汚れを落とすのが得意です。一方で、酸性の汚れと言われてもどんな汚れかぴんと来る人は少ないかもしれません。

その具体例としては、キッチンのコンロ周りや換気扇に付着しがちな油汚れがその代表です。また、手垢や皮脂汚れが付着した調理機器を洗うのに使うのも良いでしょう。その際には、アルカリ洗浄液の中でにも種類があり、弱アルカリ性と呼ばれるpHがやや低めなものよりもアルカリ性の高いpHが大きいものの方がより洗浄力が高い傾向にあります。なお、その使い方は簡単で、スプレータイプのものなら汚れに直接スプレーした布でふき取れば大抵の場合きれいに油汚れが落とせます。

また、汚れが頑固な場合は少しアルカリ洗浄液でつけ置きしてから洗い流すのがおすすめです。さらに、浴室でよく見るピンク色のぬめりなどを落とすのにもアルカリ洗浄液は有用です。特に、その際には合わせて使える漂白剤を一緒に使うと汚れがきれいに落とせます。ただし、このような便利なアルカリ洗浄液ではありますが、汚れを落とす力が高い分肌へのダメージなどは高めです。

また、酸性のものと混ざると有毒な塩素ガスが発生することもあるので取り扱いには注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *