アルカリ洗浄液のしくみ

アルカリ洗浄液とは有機物の汚れを取り除く際に使用する溶液のことを指します。アルカリで取り除くことが出来る有機物の汚れは主に油汚れになり、酸性の油汚れに対して真逆の特性のアルカリをぶつけることにより油のこびり付きを弱くするのがアルカリ洗浄液の仕組みです。しかしながらこれだけでは汚れを落とすには不十分でアルカリ溶液の中に界面活性剤を入れることにより、より油を分離させやすくするのがアルカリ洗浄液の使用目的になります。しかしながら、この溶液問題も抱えており、強いアルカリ性に溶液が傾けば傾くほど鉄を錆びさせてしまうのです。

これはアルカリが塩素を含み、鉄を腐食させてしまうことから高濃度で使用する場合、注意をして溶剤を使用しなければ戦場を必要とする製品を傷めることを指します。また、素手で扱うにも高濃度のアルカリ溶液は人間の手の油を分解し手荒れの原因を作ることから素手で取り扱う場合においては注意が必要です。なおアルカリ洗浄剤の逆の成分である酸性洗浄剤を使用した場合、アルカリ溶液の問題である金属を錆びさせて腐食するという問題を解決することが出来ますが、酸性洗浄剤は油汚れを落とすことは出来ず、塩の結晶の分解や水道のミネラルの分解などしか行うことが出来ないため、油汚れを落とす場合はアルカリ洗浄液で、水道管のミネラル結晶を取り去ったり、機械に付着した塩の結晶を取る場合は酸性洗浄液を使用すると覚えるとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *