アルカリ洗浄液を使った洗浄方法

アルカリ洗浄液は、アルカリ性の液体なのでかなり危ない液体を扱うことになるので、ゴム手袋をするのとゴーグルはした方が、万が一の時に危なくないのでしといたほうがいいです。方法は、多種多様なものがありまた、その方法によって汚れの落ち方やその対象物への影響や、設備の大きさなどの広さによって異なります。アルカリ洗浄液を入れて対象物を浸す方法を、浸漬洗浄法といいます。この方法の特徴はICチップをはじめ、純銀や純アルミなどのようなものは、超音波洗浄やシャワー洗浄が難しいデリケートな部品に使用されるものなどに使われたり、または、違う方法で落とし切れていないものを落とすための予備でもあります。

さらに、このアルカリ洗浄液を使ってこの方法は、均一に汚れをおとせることができます。しかし、この洗浄にはデメリットがあり、時間がかかることや洗浄剤自体の洗浄力でしか洗浄ができないので、洗浄力が低い洗浄液だと完全に汚れが落ちない可能性があったりします。他の洗浄方法は、超音波洗浄といって洗浄液内に超音波を送ることで、振動が起こり油汚れや固形汚れを振動させることで物理的に汚れを落とす方法です。この方法のメリットは洗浄効果が高いこと、比較的短時間でできる、などのようなメリットがあります。

また、様々な汚れに対応が可能なので、細部まできれいにすることができます。しかし、超音波は振動させる方法のため液体の温度が上昇するので、引火性の液体を使う時は、冷却しながらでないと危ないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *