熱交換器の用途について

熱交換器は、効率的に熱を移動させるために用いられる装置のことを指します。熱が固体や気体、液体にかかわらず、高温から低温へ移る性質を利用しているのです。この交換器が利用されている一般的な家電としてはエアコンがあります。エアコンは、冷房を行う際には、冷媒と呼ばれる気体を用い、室内機の内部にある交換器によって室内の熱を奪取し、室外機の内部にある交換器を用いて大気中に熱を放散させます。

室内機と室外機の2つの交換器によって、熱を交換を継続することにより室内に冷風や温風をもたらすことができるのです。エアコン以外にも冷蔵庫や自動車といった生活に密着する様々なものに熱の交換器は活躍しています。家庭用だけでなく、産業用途としても熱の交換器は大いに活躍しています。大きなごみ焼却場にプールが併設されている場合を見かける方も多いのではないでしょうか。

これは、ごみの焼却熱を熱交換器によってプールの水に熱を移動させ、温水プールとして二次利用している典型的な例です。また、冷凍も行えることが熱交換器の魅力です。不凍の冷媒を循環させることにより、0度を下回る空気を生成し、生鮮食料品を冷凍することが可能です。最近では、冷凍食品の普及は目を見張るものがあり、冷凍倉庫などの冷凍設備の需要が高まっています。

冷凍倉庫では大型の熱交換器が稼働しているのです。このように、生活を陰で支える熱交換器があってこと、私たちの生活が便利で快適に過ごせるといっても過言ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *