水で希釈すれば経済的なデスケーラー

熱交換器やボイラーなどの設備は、運転時にスケールが形成され固形物が作り出されることになります。

スケールは水に含まれる成分が固定物になったもので、主にカルシウム成分です。頑固にこびりつくのが特徴で、目に見える場所でもきれいに落とせない厄介なものですが、熱交換器のスケールは冷房の性能が低下することもありますし、ロードヒーティングの瀬能が落ちるなど定期的な分解洗浄が求められています。ただ、分解洗浄を行った場合ゴム製パッキンの交換が必要になります。

このパッキンは、一般的な水栓金具の蛇口に使われているものとは異なり非常に高価な部品ですから、分解洗浄時のコストも大きくなりがちです。しかしながら、デスケーラーを使えば分解せずにそのまま循環洗浄が可能になる、これにより作業時間の短縮が図れますしパッキンも寿命まで使い続けることができるようになるメリットがあります。

デスケーラーは通販などでも購入ができる薬品で、熱交換器だけでなく家の中にあるカルシウム系の汚れやサビなどを落とすときにも使える薬品です。キッチンや浴室などでは白いカルキ汚れが付着しやすい場所ですが、このようなカルキ汚れもデスケーラーを使うことですっきりきれいにできます。なお、通販サイトで購入するデスケーラーの中には水を使って希釈ができるタイプもありますので、定期的な掃除のときには水で希釈してスプレー容器に入れて使う、頑固なものは原液を使うなど使い方もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *