自転車のさび落としも可能なデスケーラー

デスケーラーは、熱交換器などのような高温を取り扱う装置内に付着して蓄積されるスケールと呼ぶものを取り除くときに使う薬品の総称です。

スケールは、カルシウムやマグネシウムなどの固形物で、硫酸塩やケイ酸塩、水酸化物や炭酸塩などの固定物などからも水圧などを与えたとしても簡単に取り除くことができません。これらの固形物は熱交換器やボイラーなどを運転することで発生するものですから、長く運転を続けていると内部に蓄積されて熱交換器などの場合は伝達免上に形成されるので効率が低下してしまう、故障の原因に繋がることもあるといいます。

デスケーラーは、強酸性の薬品ではあるけれども金属腐食が少なく添加物により洗浄時間の短縮ができるものも増えているようです。ネットでデスケーラーを検索すると通販サイトの広告が表示されることが多いのですが、この薬品はスケール除去だけでなくさび取り効果も期待ができるためプロ用のデスケーラーを通販サイトで購入して、頑固なさびを取り除きたい人からの注目を集めています。

ただ、この薬品は亜鉛や亜鉛メッキ、アルミニウムなどに使うことができないため、自転車のさび落としで使うときにはそれぞれの部品の金属素材の確認が大切です。チェーンやスタンドなどは使えても、タイヤのスポークなどはアルミ製の場合が多くこれらに使うと金属腐食を引き起こすことがあるので注意が必要です。また、仮に使える部分でも目立たない場所でテストしてから使うようにすると安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *