マルチサイクロンはコストを抑えます

化学薬品や食品といった製造プロセスにおいて、微細な粉塵などが排出されることが多いです。

ボイラーや焼却炉などから煤煙が発生するので、空気中に放出されようになると大気汚染や火災などの原因になるかもしれません。排気中の粉塵や煤などをきれいに除去するには、集塵装置の設置が不可欠です。集塵装置はいろいろな種類があり、電気式やフィルター式といった形式があげられます。サイクロンタイプは円錐形になっていて、円錐の内側において気流を吹き付けるシステムです。

上から吹かれた空気は円錐にそって螺旋状に落下し浄化されるようになっていて、最下端までやって来ると反転上昇しながら排出されるようになります。効果的に粉塵などを除去するには気流のスピードを調節すると便利で、サイクロン式集塵機の場合構造が比較的簡単になっていてメンテナンスしやすいでしょう。ランニングコストを抑えることができるので、さまざまな現場において採用されています。

高温排気や発火性粉塵などを取り扱うことができますが、規模が大きくなると集塵効率は低下するというのが特徴的です。量の排気を浄化する場合、マルチサイクロン式集塵機がおすすめです。マルチサイクロンはたくさんのサイクロン式集塵機を繋げたタイプで、効率をダウンせず大量の排気を処理することができます。粉塵は装置の下部から排出されるようになっていて、装置内には堆積することがないです。耐久性が高いのが特徴的で、応用範囲の広いマルチサイクロンタイプは製造工場や廃棄物処理場で活躍しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *