マルチサイクロンの効果とはどのようなものか

マルチサイクロンと聞くと多くの人は高性能の掃除機を思い浮かべることが多いのですが、水処理の現場では工場内などの汚水処理に利用される重要な装置となっています。

この原理を掃除機に応用したのが一般的に販売されている高性能の掃除機となっており、渦の求心力を利用して様々な不純物を中心に集めて空気や水と分離するというのがその主な原理です。浄水器で利用するマルチサイクロンの原理は、水の中に小さな渦をいくつも発生させることによりその中央に不純物などを集めることで水の流れと分離させる仕組みとなっています。

一般的にこれまで水を濾過する方法としてはフィルターなどで不純物を細くするといった方法が主流でしたが、これでは時間がかかる上その粒子の大きさによっては除去できないと言う問題がありました。マルチサイクロンの場合には渦が持つ中心に様々なものを吸い寄せる効果を利用し、小さな粒子であっても除去することが可能となっています。

またフィルター等の場合にはある程度使用した後にこれを除去し新しいものと交換しなければなりませんが、マルチサイクロンは渦を発生させることができれば半永久的に利用することができるため、環境保全の面でも非常に有利なものとなっており、近年注目されているのが実態です。マルチサイクロンを利用することで効果的に不純物を除去し、再利用できる水を生み出すことができます。工場内などの冷却水では油などが混入することも多いのですが、これも除去することができるので非常に便利に利用されるものとなっているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *